出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 実用の計量のために設ける、基本単位の整数倍また整数分の一の単位。ミリメートルキログラムなど。補助計量単位。

  1. 国際単位系(SI)で、かつて基本単位のほかに設けられた単位平面角ラジアン立体角ステラジアンがあったが、1995年の国際度量衡総会(CGPM)において廃止が決定され、無次元量組み立て単位となった。