出典:デジタル大辞泉(小学館)

血清中に存在するグロブリン系のたんぱく質。抗原抗体との複合体や病原微生物に結合すると活性化し、抗体の働きを補助したり溶菌作用などを現したりする。熱により活性を失う。