出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ボタン科の落葉低木。高さ1~2メートル。葉は大きく、羽状複葉で、互生する。5月ごろ、白・紅・紫・黄色などの大形の花が咲く。花びらは5~8枚あるが、重弁や二段咲きなどさまざまな園芸品種があり、寒牡丹もある。根皮を漢方で女性の浄血薬などに用いる。中国の原産で、古くから栽培。花の王とよばれ、二十日草 (はつかぐさ) ・深見草 (ふかみぐさ) ・名取草 (なとりぐさ) などの異称もある。ぼうたん。 夏》「―散りてうちかさなりぬ二三片/蕪村

  1. 紋所の名。1の花や葉・枝などを図案化したもの。種類が多い。

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は白、裏は紅梅。女房の衣では、表は薄い蘇芳 (すおう) 、裏は白。ぼうたん。

  1. 《「獅子 (しし) に牡丹」の「獅子」を「猪 (しし) 」にとりなしていう》イノシシの肉。