出典:デジタル大辞泉(小学館)

亀甲 (きっこう) ・獣骨などを焼いて、その割れ目の形で吉凶を占う方法。古くから中国などで行われ、日本でも弥生時代には行われた。