出典:デジタル大辞泉(小学館)

クワ科の蔓性 (つるせい) の多年草。葉は卵形で3~5裂し、長い柄で対生する。雌雄異株で、夏に開花。雌花は淡緑色の苞 (ほう) に包まれ、多数集まって松かさ状に垂れる。苞の基部に分泌腺をもち、これに苦味があり、健胃剤やビールに利用。ヨーロッパに分布し、日本へは明治時代に導入。 秋》

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語