出典:デジタル大辞泉(小学館)

(ホトトギス)俳句雑誌。明治30年(1897)松山で創刊。正岡子規主宰。翌年東京に移して高浜虚子が編集。日本派の機関誌として、写生を主唱し、近代俳壇に大きな影響を与えた。現在も続刊。
(不如帰)徳冨蘆花 (とくとみろか) の小説。明治31~32年(1898~1899)発表。海軍少尉川島武男と妻浪子との純粋な愛情が、封建的家族制度の中で壊されていく悲劇を描いた家庭小説。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉