出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]《古くは「ほとはしる」「ほどはしる」とも》
  1. 勢いよく飛び散る。また、激しく流れ出る。噴き出る。「鮮血が―・る」「蛇口から水が―・る」

  1. とびあがる。おどりあがる。

    1. 「吾 (やつかれ) が王、喜び―・りて」〈神功紀〉