出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ほとほと」の音変化》

[名]大多数。大部分。「在庫の―を売りきる」
[副]
  1. 全部とはいえないが、それに近い程度に。おおかた。大部分。「病気は―治った」

  1. もう少しのところで。すんでのことに。「―気を失うところだった」

  1. 切実であるさま。

    1. 「十に一つもおぼつかなしと案じ続くる程に、―心細くて」〈おらが春

出典:青空文庫