出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ア下一][文]ほのみ・ゆ[ヤ下二]かすかに見える。ほのかに見える。
  • 「杉林は焦げ茶色の暗さのうちに、もの明るさが―・えていた」〈康成・春景色〉