出典:デジタル大辞泉(小学館)

源氏物語第32巻の巻名。光源氏39歳。明石の姫君(明石の中宮)の裳着 (もぎ) と入内 (じゅだい) の準備などを描く。
謡曲。四番目物世阿弥作。管弦の役争いで討たれた楽人富士の妻の霊が、津の国住吉を訪れた僧に嘆きを語る。
箏曲 (そうきょく) 。八橋検校が作曲した組歌のうち、表組 (おもてぐみ) に属す。別称、千鳥の曲、嵐の曲。
催馬楽 (さいばら) の曲名。呂 (りょ) の曲に属する。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉