出典:デジタル大辞泉(小学館)

紅梅色の染め物。元禄(1688~1704)のころ、主として羽織の裏地に用いられた。