出典:デジタル大辞泉(小学館)

京都府八幡市と大阪府枚方 (ひらかた) 市との境にある峠。標高約70メートル。天正10年(1582)の山崎の戦いで、明智光秀が軍を進め、筒井順慶 (つついじゅんけい) に加勢を求めたところ。順慶は兵を動かさなかったが、のちに、ここで戦いを観望し、有利なほうに味方しようとしたと誤って伝えられた。
の筒井順慶の故事から》有利なほうにつこうと形勢をうかがうこと。日和見 (ひよりみ) 。「洞ヶ峠をきめ込む」

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉