うめがたに‐とうたろう〔‐トウタラウ〕【梅ヶ谷藤太郎】 の意味

  1. 力士。
  1. (初代)[1845~1928]第15代横綱。本名、小江藤太郎。筑前 (ちくぜん) の人。出身地(福岡県朝倉市杷木志波 (はきしわ) の小字名、梅ヶ谷)から名をとった。→第14代横綱境川 →第16代横綱西ノ海
  1. (2代)[1878~1927]第20代横綱。本名、小江音松。旧姓、押田。富山県出身。初代の養子となって入門。常陸山 (ひたちやま) と対抗し、大相撲の人気を高めた。→第19代横綱常陸山 →第21代横綱若島