出典:デジタル大辞泉(小学館)

物体に光を当てたその反射光に、同じ光源の光を別の角度から干渉させてできる干渉縞を感光材料に記録し、これにさらに別の光を当てて物体の立体像を再生する光学技術。干渉縞を記録したものはホログラムと呼ばれる。主にレーザー光が用いられるが、光のほかにも干渉に向くコヒーレントな波動であれば、電子線音波なども利用できる。→デジタルホログラフィー