出典:デジタル大辞泉(小学館)

サンゴに発生する病害の一。サンゴの組織が白く壊死 (えし) するもの。ビブリオ菌による感染症の一種と考えられているが、原因は特定されていない。

[補説]白化現象の場合、サンゴ体外に抜け出た褐虫藻が戻れば回復するが、ホワイトシンドロームでは回復せず、壊死に至る。直径2メートルのテーブルサンゴが、数か月から1年で死滅するといわれる。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉