出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ下一][文]う・む[マ下二]
  1. ある部分・範囲を物でふさぐ。

    1. ㋐くぼんでいるところに物を詰めて、くぼみをなくす。「城の堀を―・める」

    2. ㋑穴などに物を入れ、上に何かをかぶせて見えなくする。うずめる。「壺を庭に―・める」「火種を灰に―・める」

    3. ㋒人や物である場所をいっぱいにする。みたす。うずめる。「観衆が会場を―・めた」

    4. ㋓不足や損失を補う。「赤字を―・める」「空白を―・める」

  1. 水などを加えて温度を下げたり濃度を薄めに整えたりする。「風呂を―・める」

[用法]うめる・[用法]うずめる――「土で穴をうめる(うずめる)」「小判を入れた瓶 (かめ) を地中にうめる(うずめる)」など相通じて用いられるが、「うめる」はくぼみや穴などを何かでふさぎ満たす意が強く、「うずめる」は空いた所を何かですっかり覆うようにする意が強い。◇「スタンドをうずめた観衆」「町を緑でうずめよう」など、ある場所を何かでいっぱいにする「うずめる」は、「うめる」で置き換えられなくはないが、隅々までびっしりという感じを表す場合は「うずめる」を用いるほうが適切。◇逆に、「余白をうめる」「欠員をうめる」など、欠けている部分を満たす意では、「うめる」のほうが一般的である。◇「湯をうめる」「損失をうめる」は「うめる」に特有の、「恋人の胸に顔をうずめる」は「うずめる」に特有の用法で、この場合両語を置き換えることはできない。