出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 本来の正当な形式。本来の正しいやり方。また、そのさま。正式。「本式な(の)礼装」

  1. 間に合わせや遊びでなく、本格的であること。また、そのさま。「今日から本式に勉強を始めよう」

  1. 《「本式目」の略》連歌で、13世紀中ごろ、善阿 (ぜんな) が制定したと伝えられる式目。新式に対していう。

出典:青空文庫

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉