出典:デジタル大辞泉(小学館)

自然のままで人の手が加わっていないこと。もともとの姿であること。ほんねん。「自己本然の姿」