出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国古来の植物を中心とする薬物学。500年ころ陶弘景のまとめた「神農本草」が初期文献で、明の李時珍が「本草綱目」に集大成。日本には平安時代に伝わり、江戸時代に全盛となり、中国の薬物を日本産のものに当てる研究から博物学物産学に発展した。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉

[医学/東洋医学]カテゴリの言葉