出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「ほんだい」とも》

  1. そのものの本当の姿。正体。

    1. 「―の得知れぬ、一種不思議な力に誘 (いざな) われて」〈二葉亭浮雲

  1. 付属物を除いた、主になる部分。「カメラの本体」「本体価格」

  1. 神社の神体。また、寺の本尊。

  1. 哲学で、現象を超えて存在する恒存的なもの。もろもろの存在の根底にあるもの。理体。

出典:青空文庫

出典:gooニュース