出典:デジタル大辞泉(小学館)

クスノキ科の常緑低木。幹・枝は細い。雌雄異株。4月ごろ、淡黄色の小花を多数つけ、実は楕円形。根は連球状で香気があり、漢方で健胃・鎮痛薬に用いる。天台烏薬 (てんだいうやく) 。

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[医学/東洋医学]カテゴリの言葉