出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 梵天1」に同じ。

  1. 《貞享・元禄のころ、浄瑠璃の終わりに祝言としてを語ったところから》物事の終わり。転じて、追い出されること。

    1. 「既 (すんで) の事―になる処を」〈魯庵・破垣〉

室町時代の御伽草子。1巻。作者未詳。本地物。清水観音の申し子の中納言が、梵天王の姫と結婚して帝の難題を解決し、また奪われた姫を救い出す物語。のちに浄瑠璃・説経節としても語られた。