出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、田畑・屋敷を持ち、年貢・諸役の負担者として検地帳に登録された農民。農耕のための用水権入会 (いりあい) 権を持ち、近世村落の基本階層であった。高持百姓。→水呑 (の) み百姓