出典:デジタル大辞泉(小学館)

新刊書を扱う全国の書店員が、もっとも客に薦めたいと思う小説を投票で選ぶ文学賞。投票資格をもつのは、アルバイトを含む現役の書店員のみ。第1回は平成16年(2004)。

[補説]受賞作一覧
平成16年(2004)「博士の愛した数式」小川洋子
平成17年(2005)「夜のピクニック」恩田陸
平成18年(2006)「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」リリー・フランキー
平成19年(2007)「一瞬の風になれ」佐藤多佳子
平成20年(2008)「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎
平成21年(2009)「告白」湊かなえ
平成22年(2010)「天地明察」冲方丁 (うぶかたとう) 
平成23年(2011)「謎解きはディナーのあとで」東川篤哉 (とくや) 
平成24年(2012)「舟を編む」三浦しをん
平成25年(2013)「海賊とよばれた男」百田 (ひゃくた) 尚樹
平成26年(2014)「村上海賊の娘」和田竜 (りょう) 
平成27年(2015)「鹿の王」上橋菜穂子
平成28年(2016)「羊と鋼の森」宮下奈都 (なつ) 
平成29年(2017)「蜜蜂と遠雷」恩田陸
平成30年(2018)「かがみの孤城」辻村深月
平成31年(2019)「そして、バトンは渡された」瀬尾まいこ

[文学/その他の文学の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース