出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「魔羅 (まら) 」の略》

  1. 仏教で、魔王欲界第六天を支配する王。転じて、その仕業としての、悟りの妨げとなる煩悩 (ぼんのう) ・疑惑・懈怠 (けだい) などのさわり。

  1. 人の心を迷わし、悪に引き入れる悪霊。悪魔。「魔を払う」

  1. 悪い事がたびたび起こること。「魔の踏切」「好事魔多し」

  1. 異常なほど、ある物事に執着する人。「電話魔」「収集魔」