あか・す【明かす】 の意味

  1. [動サ五(四)]
  1. 物事をはっきりさせる。今まで隠していたことを明るみに出す。「理由を―・す」「手品の種を―・す」「身の上を―・す」「胸の内を―・す」
  1. (「証す」と書く)疑わしい点をはっきりさせる。証明する。あかしを立てる。「身の潔白を―・す」
  1. 眠らず夜を過ごして、朝を迎える。「まんじりともせず一夜を―・す」
  1. 明るくする。
    • 「海原の沖辺にともしいざる火は―・してともせ大和島見ゆ」〈・三六四八〉
  1. [可能]あかせる
  • あか・す【明かす】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・どうせ吉弥が僕との関係を正直にうち明かすはずはないが、実は全く青木の物になっていて、かげでは、二人して僕のことを迂濶な奴、頓馬な奴、助平な奴などあざ笑っているのかも知れないと、僕は非常に不愉快を感じた。

      岩野泡鳴「耽溺」

    • ・・・そう思うと、いくらか元気が出て、泣きながら夜を明かすと、また歩きました。

      織田作之助「アド・バルーン」

    • ・・・良い思案も泛ばず、その夜は大阪駅で明かすことにしたが、背負っていた毛布をおろしてくるまっていても、夏服ではガタガタ顫えて、眼が冴えるばかりだった。

      織田作之助「世相」