出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 見分けのつかないほどよく似せてあること。また、そのもの。まがいもの。名詞の下に付いても用いられる。「―の真珠」「詐欺―の手口」

  1. (多く「まがいもない」の形で)まちがいないこと。「―もなく彼の筆跡だ」

  1. 入り乱れること。

    1. 「あしひきの山下光るもみぢ葉の散りの―は今日にもあるかも」〈・三七〇〇〉

  1. あやまち。過失。

    1. 「手の―、足の―」〈祝詞・大殿祭〉