出典:デジタル大辞泉(小学館)

コンマ形に湾曲した弥生古墳時代の装飾用の玉。丸い部分の貫通孔にひもを通して首飾りとした。瑪瑙 (めのう) 翡翠 (ひすい) 水晶琥珀 (こはく) ガラスなどで作った。獣類の歯牙に孔 (あな) をあけたものに起源をもつといわれ、縄文時代にも不整形のものがある。

[補説]書名別項。→勾玉

出典:青空文庫