• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

まかない〔まかなひ〕【賄い】例文一覧 3件

  1. ・・・この月初めから話があっての、向うで言うにゃの、おとよさんの事はよく知ってる、ただおとよさんが得心して来てくれさえすれば、来た日からでも身上の賄いもしてもらいたいっての、それは執心な懇望よ、向うは三度目だけれどお前も二度目だからそりゃ仕方がな・・・<伊藤左千夫「春の潮」青空文庫>
  2. ・・・ここの屋根の下に賄いの小川の食堂があって、谷中のお寺に下宿していた学生時代に、時々昼食を食いに行った。オムレツと焼玉子の合の子のようなものが、メニューの中にあった。「味つき」と「味なし」と二通りあった。「オイ、味なし」。「味つき」。そういう・・・<寺田寅彦「病院風景」青空文庫>
  3. ・・・ 悪妻は、良人から渡された金がすくないと、それで出来る賄いはこれですよ、とひどいものを並べて辟易させるというさもしい手を心得ている。 贅沢品とりしまりの標準は月収三百円とかいわれているが、これに該当する生活者は日本の全人口の僅何割か・・・<宮本百合子「女性週評」青空文庫>