• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

うら‐ぐみ【裏組】 の意味

  1. 近世の邦楽で、教習の便宜上、楽曲を分類したものの一。三味線組歌・箏 (こと) 組歌などにある。三味線組歌では破手 (はで) 組の次に、箏組歌では表組の次に教授する。⇔表組