出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「まかね」》鉄。くろがね。

「さみだれにとくる―をみがきつつてるひと見ゆるます鏡かな」〈能因集・下〉