出典:デジタル大辞泉(小学館)

器物の表面にで文様を描き、金・銀などの金属粉や色粉を蒔きつけて付着させる、日本独自の漆工芸。奈良時代に始まる。技法上から平 (ひら) 蒔絵研ぎ出し蒔絵高蒔絵に大別され、文様以外の地の装飾法である地蒔きには、沃懸 (いかけ) 地平目地塵 (ちり) 地梨子 (なし) 地などがある。

出典:青空文庫