出典:デジタル大辞泉(小学館)

枕として寝る。

「道の後 (しり) 古波陀嬢子 (こはだをとめ) を神の如 (ごと) 聞こえしかども相―・く」〈・中・歌謡〉