出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安中期の随筆。清少納言作。長保2年(1000)ころの成立とされる。作者が一条天皇の中宮定子 (ていし) に仕えていたころの宮仕えの体験などを、日記・類聚 (るいじゅう) ・随想などの形で記し、人生や自然、外界の事物の断面を鋭敏な感覚で描く。源氏物語と並ぶ平安女流文学の双璧 (そうへき) とされる。

出典:青空文庫