出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. スズキ目サバ科マグロ属の海水魚の総称。クロマグロキハダメバチビンナガなど。体は大形で紡錘形をし、背面は青黒色、腹面は銀白色。外洋を回遊し、体側の赤色筋(血合 (ちあい) )が発達している。刺身・鮨種 (すしだね) などにする。 冬》

  1. 性交のときに自らは体を動かさず、ただ寝転がっている相手。