出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 真理を悟った人。しんじん。

    1. 「―は、智もなく、徳もなく、功もなく、名もなし」〈徒然・三八〉

  1. 実在する人間。

    1. 「毘沙門天に、然らん者、一人給へと申ししに依りて、―をば給はで、眷属 (けんぞく) を給へるなり」〈今昔・一二・三四〉