出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. ある事が確かな事実であるさま。まちがいなく。本当に。「事実は正に予言のとおりだった」

  1. 実現・継続の時点を強調するさま。ちょうど。あたかも。「彼は正に車から降りた瞬間、凶弾に倒れた」

  1. 《漢文訓読から起こった用法》

    1. ㋐(「当に」とも書く。「まさに…べし」などの形で)当然あることをしなければならないさま。ぜひとも。「学生たる者正に学問に励むべきだ」

    2. ㋑(「将に」とも書く)(「まさに…せんとする」などの形で)ある事が実現しそうだという気持ちを表す語。今にも。「飛行機が正に飛び立とうとしている」

  1. (主に、あとに反語表現を伴って)どうして…しようか。

    1. 「あやしかりつるほどのあやまりを、―人の思ひとがめじや」〈・紅葉賀〉

出典:青空文庫