出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]まざまざ・し[シク]《「まさまさしい」とも》
  1. いかにも真実らしい。しらじらしい。

    1. 「風俗の謬写とは…当時代にはあらざりける風習なんどを―・く物語の脚色 (しくみ) に加うることなり」〈逍遥小説神髄

  1. ありありと目に見えるようである。

    1. 「―・い夢を見ました」〈浄・薩摩歌〉