出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「ましとと」》「しとど」に同じ。

「あめつつ、千鳥、―、など開 (さ) ける利目 (とめ) 」〈・中・歌謡〉