出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. はじめに。最初に。「先ず下ごしらえをして、その後料理する」

  1. とりあえず。ともかく。何はともあれ。「これで先ず一安心だ」「先ず一休みしよう」

  1. ある程度の確信をもって判断や見通しを述べるときに用いる。おおよそ。多分。「この調子だと先ず大丈夫だろう」「先ず助かるまい」

  1. (下に否定的な表現を伴って)どうにも。いかにも。

    1. 「―心も得ぬことなれば」〈今昔・二八・七〉