出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 赤い色の土。また、硫化水銀の古名とも。そお。

    1. 「ま金吹く丹生 (にふ) の―の色に出て言はなくのみそ我 (あ) が恋ふらくは」〈・三五六〇〉

  1. 赤い色。ますお。

    1. 「花すすき月の光にまがはまし深き―の色に染めずは」〈山家集・上〉