出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ五(四)]《「目 (ま) 叩 (たた) く」の意。古くは「まだたく」とも》
  1. まぶたを瞬間的に開けたり閉じたりする。まばたく。「しきりに目を―・く」

  1. 光がちらちらする。光が明滅する。「沖にいさり火が―・く」「―・く星」

  1. 《灯火が消えそうに明滅するさまから》なんとか生き長らえている。

    1. 「冥途 (よみぢ) のほだしに持てわづらひ聞こえてなむ―・き侍る」〈・玉鬘〉