出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]玉をつける緒の意から、「を」と同音を含む「をちこち」「をち」にかかる。
  • 「―をちこち兼ねて言 (こと) は言へど逢ひてのちこそ悔いにはありといへ」〈・六七四〉