出典:デジタル大辞泉(小学館)

ペルー南部、クスコ県にあるインカ帝国の都市遺跡。標高約2400メートルにあり、周囲を断崖や急峻 (きゅうしゅん) な山で囲まれていたため、スペイン人による破壊を免れた。インカの建築様式や都市構造を知る上で、考古学的に価値をもつ。1983年に「マチュ‐ピチュの歴史保護区」の名で世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典:gooニュース