出典:デジタル大辞泉(小学館)

大阪府和泉 (いずみ) 市にある天台宗の寺。山号は、阿弥陀山。弘文元年(672)役の小角 (えんのおづの) が創立、のち、泰澄が中興したと伝える。境内に一ノ谷の戦いの戦死者をまつった首堂がある。松尾観音。
奈良県大和郡山 (やまとこおりやま) 市にある真言宗の寺。山号は、補陀落山。舎人親王の発願により、養老2年(718)永業 (ようごう) の開創と伝える。中世以後修験道の寺として栄え、また、江戸時代以降厄除 (やくよ) け観音として信仰されている。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉