出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1644~1694]江戸前期の俳人。伊賀の人。名は宗房。芭蕉は俳号。別号、桃青 (とうせい) ・風羅坊など。藤堂良忠(俳号、蝉吟 (せんぎん) )に仕えて俳諧を学び、京都で北村季吟に師事。のち、江戸に下り、深川の芭蕉庵に住み、談林風の俳諧を脱却して、蕉風を確立。各地を旅して発句や紀行文を残し、旅先の大坂で病没。その句の多くは「俳諧七部集」に収められている。紀行に「野ざらし紀行」「笈 (おい) の小文」「更科紀行」「奥の細道」、日記に「嵯峨日記」など。

[補説]忌日となる陰暦10月12日は、芭蕉忌のほか時雨忌 (しぐれき) 翁忌 (おきなき) 桃青忌 (とうせいき) ともいう。