出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。三番目物観阿弥作、世阿弥改作。古今集などに取材。昔、在原行平に恋をした須磨の海女 (あま) の姉妹、松風と村雨の霊が現れ、思い出を語って狂おしく舞う。
箏曲 (そうきょく) 。山田流。初世中能島松声・3世山木大賀が明治初年ごろ作曲。宇和島の伊達家から島原の松平家へ嫁した姫君が、夫に死別後、思い出を箏歌 (ことうた) にしたもの。
源氏物語第18巻の巻名。光源氏31歳。明石の上が上洛、源氏は明石の上を訪問し、紫の上がそれを嫉妬 (しっと) することなどを描く。
俳人・小説家の石塚友二による短編小説。自身の結婚生活を題材とする。昭和17年(1942)、雑誌「文学界」2月号に発表、芥川賞候補作となる。第9回池谷信三郎賞を受賞。