あかせん‐くいき〔‐クヰキ〕【赤線区域】 の意味

  1. 売春を目的とする特殊飲食店街。警察などの地図にその地域が赤線で示されていた。昭和21年(1946)公娼 (こうしょう) 制度が廃止された時、特例措置として地域を限って置かれたが、昭和33年(1958)廃止。赤線地帯。→青線区域