出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「史記」秦本紀から》恨みが骨のしんまでしみとおる。深い恨みを抱く。