出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 直翅 (ちょくし) 目マツムシ科の昆虫。コオロギ類の一種。体長2センチくらい、淡褐色で、触角が長い。雌は錐 (きり) 状の長い産卵管をもつ。雄は発音器のある幅広い翅 (はね) をもち、ススキなどの根際で夜にチンチロリンと鳴く。成虫は8~11月にみられ、本州以南に分布。 秋》「人は寝て籠の―啼きいでぬ/子規

  1. 歌舞伎下座音楽に用いる楽器。小形の伏せ鉦 (がね) で、大小一組で使うことが多い。巡礼の出入りや寂しい寺院の場面などに用いる。

  1. スズムシの古名。平安時代には名称が入れかわっていた。また、「松」を「待つ」に言い掛けて、和歌などにうたわれている。

    1. 「秋の野に人―の声すなり我かとゆきていざとぶらはむ」〈古今・秋上〉